筋肉痛の豆知識・雑学

HOME >> 健康の豆知識 >> 筋肉痛の豆知識 

 

筋肉痛の豆知識

 

筋肉痛のメカニズムの豆知識

 

筋肉痛のメカニズムの豆知識なぜ筋肉痛になるのか?

なぜ筋肉痛になるのか?
それについて色々な説があるのですが、
実は最近までよく分かっていませんでした。
しかし、最新の研究で、
そのメカニズムが解明されつつあります。

 

筋肉は筋繊維の束が集まってできています。
激しい運動をすると筋繊維が損傷します。

※筋繊維には痛点が無いので痛みを感じません。

 

筋繊維を修復するために白血球が集まってきます。

すると白血球が出す成分により、
筋繊維の束を包む 筋膜が炎症をおこし、腫れます。

腫れた、隣接の筋膜と筋膜が触れ合って、痛みを感じます。

※筋膜には痛点があり、痛みを感じます。

 

この痛みが筋肉痛だと言われています。

 

年をとると痛みの出るのが遅くなる。

若い時は、運動した次の日には筋肉痛になっていのに、
最近は2~3日してから痛み出す‥‥‥。

筋肉痛の始まるのが遅くなったと、感じていませんか?

年と共に、代謝機能が低下し、
傷ついた筋繊維に白血球がすぐに集まらなくなるからです。

また、修復にも時間が掛かるので、筋肉痛の期間も長くなります。

 

 

 

筋肉痛の予防の豆知識

筋肉痛予防の豆知識・トレーニング本番の1週間前にトレーニングを

一度、筋肉痛になると、
以前より強い筋肉に生まれ変わり、
筋肉痛がおこりにくくなります。
その効果は1週間ほど持続されます。
ですから、運動会に参加されるのであれば、
1週間前に軽く練習をするか、
あるいは軽いウエイトトレーニング等をして、
軽い筋肉痛になっておけば、
本番の後に、 ひどい筋肉痛になる事はありません。

筋肉痛予防の豆知識・入浴前日に長くお風呂に入る

HSPというタンパク質は
筋繊維の損傷を抑える役割があります。
筋肉を40~42℃に暖めると筋肉細胞内に、
HSPが増えていきます。
ですから、前日にいつもより長く入浴する事で、
HSPを増やし、筋肉痛を抑えることができます。

運動した後は、筋肉を暖める

運動の後、痛みが出ていない間は、
お風呂やサウナなどで、筋肉を暖めるようにしましょう。
血液の循環を良くする事で新陳代謝が活発になり、
筋肉痛が早く治るようになります。
運動直後のマッサージなども有効です。

 

筋肉痛になってしまった時の豆知識

筋肉痛の湿布薬痛みを緩和する方法

痛みが激しい場合、
コールドスプレーなどを使って筋肉を冷やすと
一時的に痛みが緩和されます。

しかし、あまり冷やしすぎると代謝が悪くなり、
治りが遅くなるので注意して下さい。

「サリチル酸メチル」という成分を
含んだシップ薬であれば、痛みを和らげ、
しかも新陳代謝を高めるので、
筋肉痛の治りも早くしてくれます。

筋肉痛予防の豆知識・暖める痛みが出てからのマッサージは禁物

よく、筋肉痛になった所をマッサージしてしまいますが、
痛みがあるときにマッサージをしてしまうと、
白血球が筋繊維からはがれ、回復を遅らせてしまいます。

筋肉痛の時にマッサージをするのは禁物です。

 

 

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。
ただ、WEB上で転用される場合は、
このサイトからの転用である事を記載して、 更に、このサイトへのリンクをしてください。
どうかよろしくお願いします

 

| profire |  プライバシーポリシー | お問合せ |