うなぎと平賀源内の豆知識・雑学

HOME >> 歴史の豆知識 >> うなぎと平賀源内の豆知識  

 

うなぎと平賀源内の豆知識

夏バテ解消の代表格といえば「うなぎ」。そのウナギを土用の丑の日に食べる事になった仕掛け人は平賀源内でした。

 

平賀源内文政5年(1822年–1823年)の、『明和誌』(青山白峰著)の中で、
うなぎ屋と平賀源内についての事が書かれています。

元々、うなぎの旬は晩秋から初冬にかけてで、
夏のうなぎは味が落ちます。
ですから、夏にはうなぎの売れ行きが悪く
ウナギ屋はどこも商売に困っていました。

あるウナギ屋が、博学で有名な平賀源内に相談したところ、
平賀源内は「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」
という民間伝承からヒントを得て、
「本日丑の日」と書いて店先に貼ることをウナギ屋に勧めました。

すると、そのウナギ屋は大繁盛!

それを見た他のウナギ屋も真似をして、
土用の丑の日にうなぎを食べることが定着したのでした。

このことから、平賀源内は日本初のコピーライターとも言われています。

うなぎ古今東西、数えきれないほどのキャッチコピーが作られてきましたが、
200年以上も色褪せずに使われているキャッチコピーは
他にはありませんね。

実際、ウナギにはビタミンAやB群が豊富に含まれ、
夏バテには効果抜群です。

ところで、ウナギと梅干は食い合わせが悪いと言いますが
これは、全く根拠のない話です。

これは想像ですけど、梅干しもウナギと同じ「う」の付く食べ物。

土用の丑の日にウナギと一緒に梅干も食べて夏バテに備える事が流行り、
でも、結局は夏バテしてお腹を壊す人が多く、
ウナギと梅干は食い合せが悪いと言われるようになったのではないでしょうか。

実際は、うなぎと梅干の組合せって、すごく良いらしいです。

 

うなぎと梅干の食い合わせについて詳しくはこちら ⇒  うなぎと梅干 鰻と梅干の食い合わせ

 

 

 


 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。
ただ、WEB上で転用される場合は、
このサイトからの転用である事を記載して、 更に、このサイトへのリンクをしてください。
どうかよろしくお願いします

 

| profire |  プライバシーポリシー | お問合せ |