伊藤忠財閥の歴史 豆知識・雑学

HOME >> 歴史の豆知識 >> 財閥の歴史 豆知識 >> 伊藤忠財閥の歴史 豆知識  

 

伊藤忠財閥の歴史 豆知識



★近江商人の心得「三方よし」
――――――――――――――――――――――――――――――――

旧伊藤忠財閥の創業者は伊藤忠兵衛。

1842年(天保13)に琵琶湖の東側にある豊郷町で生まれました。
実家は「紅長」(べんちょう)の屋号で繊維小売業を営む近江商人でした。

伊藤忠兵衛の屋敷は今でも保管され残っています↓

 

伊藤忠兵衛は兄の伊藤長兵衛と共に
堺や紀州へ麻布の行商をするようになり、
それが、伊藤忠財閥の始まりでした。

他のページでもご紹介した旧財閥の創業者同様に
商才を発揮して財をなす訳ですが、
近江商人自体が非常に商才に長けていたようです。


伊藤忠商事、丸紅商事、大建工業が
旧伊藤忠財閥の流れを汲む企業です。

その他、近江商人の流れを汲む企業には
次のようなところがあります。

・高島屋
・大丸
・西武百貨店
・伊藤忠商事
・丸紅
・トーメン
・ニチメン
・ヤンマー
・三中井
・日清紡
・東洋紡
・東レ
・日本生命
・ワコール
・西川産業

このような名立たる企業を築いた近江商人には
ある心得がありました。

その心得は「三方よし」と言い、
取引は、売り手と買い手だけでなく、
世間の為にもなるものでなければならない
というものです。

近江商人は行商に行った旅先で
人々の信頼を得ることが何より大切でした。

「三方よし」によって他国で自分の存在価値を築いていったのですね。

 

★その他の財閥

 

住友財閥の歴史 住友財閥の歴史 豆知識

 

三井財閥の歴史 三井財閥の歴史 豆知識

 

三菱財閥の歴史 三菱財閥の歴史 豆知識

 

 

 

 

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。
ただ、WEB上で転用される場合は、
このサイトからの転用である事を記載して、 更に、このサイトへのリンクをしてください。
どうかよろしくお願いします

 

| profire |  プライバシーポリシー | お問合せ |