色彩心理の豆知識・雑学

HOME >> 生活の豆知識 >> 色彩心理の豆知識  

 

色彩心理の豆知識

色彩は、あなたの身体と心理に大きな影響を与えています。
仕事やプライベート、ファッションやインテリアなどに色彩が持つ力を上手に取り込むことで、
あなたの生活をよりポジティブなものにしてくれます。

 

あなたの心理状態に合う色彩は?

それぞれの色彩が心理に与える影響を知って、生活に取り込みましょう。
色彩には下のような効果があります。

色彩の心理の一覧

 

 

 

~生活に取り込む色彩の使用例~

 

衣の色彩心理

肌着や靴下の色彩は自分の心に働きます。

不思議な事に、色彩は実際に見えなくても、
身に付けているだけで、心理に影響を与えます。

疲れが残っている時は、肌着や靴下を赤い色彩にすると、
血行が良くなり元気が出てきます。

服の色彩が心理に与える影響上着の色彩は他人に与える印象を決めます。

上着の色彩は自分よりも他人への働きかけが強くなります。
穏やかに会話を進めたい時には「緑」、
友好的に接したい時には「オレンジ」、
知的に装うなら「青」など、
他人から、どのように見られたいかを考えて、
服の色彩を決めてみてはいかがでしょう。

食の色彩心理

食欲に影響を与える色彩

次の写真をご覧ください。
同じ料理ですがテーブルクロスの色が違います。

食べ物の色彩心理

実は上の2つは食欲を増進させる色彩で
下の2つは食欲を抑える色彩です。

もし、疲れ気味で食欲が無い時には紺や赤。
体重が気になる人は黄緑や紫。

‥‥という具合に、テーブルクロスの色でコントロールできます。

 

色彩が住に与える影響

部屋の色彩を考えるときには、まず、その部屋のメインになる色彩の系統を決めて、統一させましょう。
そこに、カーテンやクッション、花や絵などで、アクセントになる色彩を添えます。
風水で金運が良くなると言うことから、人気のある黄色ですが、色彩心理学の観点から、黄色の正しい使い方を紹介します。

 

トイレに黄色トイレには黄色が効果的

黄色は消化作用を促進させます。
トイレの壁や天井、床など、
黄色をメインの色彩に使うと「お通じ」が良くなります。

また、タオルやマットを黄色にするだけでも効果があります。

黄色の使いすぎに注意

黄色は神経系に働きかけるので、
常に黄色を見つづけていると、ストレスがたまりやすくなります。

すると、内臓の血液量が低下し、肝機能に影響が出ます。

ですから、長い時間を過ごすリビングや寝室は、
メインの色彩として黄色を使うのは避けましょう。

絵や花、置物など小物によるアクセント程度にすることをお奨めします。

 

 

 

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。
ただ、WEB上で転用される場合は、
このサイトからの転用である事を記載して、 更に、このサイトへのリンクをしてください。
どうかよろしくお願いします

 

| profire |  プライバシーポリシー | お問合せ |