結露の原理と防止の豆知識・雑学

HOME >> 生活の豆知識 >> 結露の原理と防止の豆知識  

 

結露の原理と防止の豆知識

部屋を暖房していると窓ガラスが結露でびっしょり。そんな結露の原理と防止方法をご紹介します。

 

結露とは‥‥(結露の原理)

結露の原理温かい湿った空気が、急に冷やされたり、冷たいものに触れたりしたときに、
空気中の水蒸気が水滴になる現象を「結露」と言います。

例えば、コップに冷たい水を注ぐとコップの外側に水滴がつきますね。
あれが結露です。

更に詳しい結露の原理についてはこちらをご覧ください。

結露の原理 結露の原理

 

結露でカビ・ダニが‥‥

結露で繁殖するカビとダニ冬場、部屋を暖房するので、
住まいの色々な所で結露が発生しやすくなります。

結露でただ濡れるだけならいいのですが、
この結露によって、カビやダニが繁殖し、
アトピーや喘息の原因となります。

 

結露の防止方法

結露防止には断熱建物の断熱化

最も良い方法は、建物をしっかり断熱することです。

室内の暖かい空気が
外気に冷やされることで結露が発生します。
建物を断熱化することで
外気の冷たさが伝たわりにくくなり、
結露の発生を抑えられます。

もし、リフォームの機会があれば、
断熱工事もお忘れなく。

結露防止には換気充分な換気

室内で発生した余分な水蒸気は、
換気扇を回したり窓を開けるなど、
こまめに換気をするのが効果的です。

結露は暖房している部屋よりも、
むしろ、暖房していない部屋の方が発生しやすくなります。

なぜなら、暖房で発生した水蒸気は
家中に拡散していきます。

すると暖房していない寒い部屋の相対湿度が高くなり、結露しやすくなります。

暖房していない部屋も換気しなくてはいけません。

 

 

 

窓の結露の防止方法

窓の結露防止には断熱サッシガラスをペアガラスに換えると結露が発生しにくくなります。

それよりも、もっと効果の高い、
真空ガラス(2枚のガラスの間が真空になっている)
と言うものもあります。

また、サッシの枠の内側が樹脂になっている断熱サッシにすると、
より効果的です。

でも、サッシを替えるとなると、大掛かりな工事が必要になるので、
既存のサッシの内側にさらにサッシを取り付け、
二重サッシにすることも大変効果があり、なおかつ簡単な工事でできます。


カーテンの中も結露しやすいカーテンや内障子がある窓は水蒸気が滞留しやすく、
結露しやすくなります。

こまめにカーテンや内障子を開けるか、
常に少し開けておくようにすると良いでしょう。

それから、 外の風が強く当たる窓は熱が奪われ、
表面温度が下がり、結露しやすくなります。

風が吹き込む方向に木を植えたり、
雨戸を閉めるなど、風が強く当たるのを防ぎましょう。

 

押入れやタンスの結露の防止方法

結露防止には洗濯洗剤押入などの隙間に、古新聞を丸めて差し込んでおくと、
湿気を吸い取ってくれます。
もちろん使い捨てなので、湿ったらすぐ取り替えましょう。

洗濯用の粉末洗剤の置き場所に困ったら、
フタの端を少し切り取って、
押入や洋服ダンスの中にしまいましょう。

素敵な香りを漂わせながら
驚くほど湿気を吸い取ってくれます。

ただ、洗剤が湿気で固まってしまうので、
使う時は、ほぐしながら使わなくてはなりません。

でも、 洗浄力は変わらないので大丈夫です。

 

 

 

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。
ただ、WEB上で転用される場合は、
このサイトからの転用である事を記載して、 更に、このサイトへのリンクをしてください。
どうかよろしくお願いします

 

| profire |  プライバシーポリシー | お問合せ |