静電気対策の豆知識・雑学

HOME >> 生活の豆知識 >> 静電気対策の豆知識  

 

静電気対策の豆知識

冬になるとよく、車のドアや玄関のドアなど、金属に触れると「バチッ」ときますね。
もう、うんざりしている人もいらっしゃるでしょうね。 そんな静電気についての豆知識や雑学を集めました。

 

静電気はなぜ起こる?

静電気の豆知識:ドアノブ重ね着した服の摩擦などにより、
身体から「-」の電気が奪われ、「+」の電気を帯びます。
一方、ドアノブなどの金属部は「-」の電気を持っています。
ですから、身体が「+」電気を帯びている時に、
ドアノブなどに触れると放電し「バチッ」となります。

静電気の原理について、
更に詳しくはこちらをご覧ください。  静電気の原理 静電気の原理

 

静電気が起こりやすい気候

空気が乾燥していて、気温が低いと静電気が発生しやすくなります。
ですから、真冬の乾燥注意報が出た時などは、特に注意が必要です。
具体的に静電気の発生しやすくなる湿度と温度は
湿度20%以下
温度20℃以下 です。

 

静電気の身体への影響

静電気の豆知識:プラスを帯電身体に「+」電気の溜まった状態を続けていると、
放電による痛みを伴うだけでなく、
カルシウムやビタミンCが流出してしまいます。

その結果、疲れやすくなったり、
ストレスが溜まりやすくなるなど、健康にも影響します。
また、ほこりを吸い寄せてしまうので、
アレルギー体質の人にとっては、とても良くない事です。

 

静電気の起きやすい服装、豆知識

服の組合せによって、静電気の起き方が変わります。
下記の素材の表は左に行くほど「+」に帯電しやすく、
右に行くほど「-に帯電しやすくなります。

ですから、この表の内、近い素材の組合せを選べば静電気が起きにくく、
遠い組合せを選べば、起き易くなります。

冬場よく組み合わされる「ウールのセーター」と「ポリエステルのフリース」の組合せは、とても暖かいのですが‥‥‥、これはもう、静電気よ起きてくれ!といわんばかりです。

静電気の豆知識:服の組合せ

 

静電気の起きやすい食物、豆知識

静電気の豆知識:血液同じ環境であっても、静電気の起き易い人、起きにくい人がいます。
この違いの原因は主に血液のPH(ペーハー)によるものです。

血液が酸性になると「-」電気を保持できなくなり、
静電気が起こり易くなります。
ですから、血液をアルカリ性に保つ事が重要です。

血液をアルカリ性に保つためには
・カルシウム
・マグネシウム
・ナトリウム
・カリウム
静電気の豆知識:食べものの摂取が有効です。

これらを含む食材は、野菜、豆類、芋類、海草類などです。
逆に血液を酸性にしてしまう食材の代表格が
ジャンクフードと呼ばれる
スナック菓子や即席ラーメンなど、カロリーは高いが、
栄養価の低い食べ物です。

 

静電気対策の豆知識

 

静電気の原理 車の静電気対策はこちら

 

以下は普段の生活における静電気対策です。

 

静電気の豆知識:観葉植物観葉植物を部屋に‥‥

観葉植物はマイナスイオンを発生させます。

マイナスイオンは「+」電気になってしまった身体に
「-」電気を補い、静電気を起きにくくしてくれます。

精神的にもリラックス効果が期待できます。

 

静電気の豆知識:加湿器加湿器を使う

空気が乾燥すると静電気が起き易くなります。
加湿器を使って、湿度を高くしましょう。

ただし、湿度が高すぎると家の中が結露しやすくなるので、
湿度50%ぐらいに保つことがベストです。

 

柔軟剤を使って洗濯

洗濯する時に柔軟材を使用すると、比較的、静電気の発生を抑えられます。

静電気の豆知識:柔軟剤

 

 

 

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。
ただ、WEB上で転用される場合は、
このサイトからの転用である事を記載して、 更に、このサイトへのリンクをしてください。
どうかよろしくお願いします

 

| profire |  プライバシーポリシー | お問合せ |