夏の星座の豆知識・雑学

HOME >> 季節、時節の豆知識 >> 夏の星座の豆知識   

 

夏の星座の豆知識

星座の豆知識のメニュー 春の星座 夏の星座 秋の星座 冬の星座

夏の夜空と言えば七夕の織姫と彦星をはじめとして、話題性が満載。
比較的明るい星が多く、特徴的な形をした星座も多いので、見つけやすいです。
このページでは代表的な夏の星座の見つけ方や神話をご紹介します。

夏の星座で代表的なのは次の8つです。

さそり座 ・はくちょう座 ・こと座 ・わし座 ・へびつかい座 ・ヘルクレス座 ・いて座 ・いるか座

 

夏の夜空の様子はこちらで→  冬の星座の見え方・動き方 夏の星座の見え方・動き方

 

夏の星座の見つけ方‥‥基本は「天の川」と「夏の大三角」

 

まずは南の方に目をやります。
すると、比較的地面に近い低い位置に、赤く光る1等星のアンタレスが輝いています。
ここにあるのが「さそり座」。 アンタレスは「さそり座」の心臓の位置にあります。

次に北側に目をやると「W}の形に星が並ぶ「カシオペア座」があります。
このカシオペア座からさそり座にかけて天の川が流れています。
(都会では天の川を見る事は難しいと思いますが)

そして空の高いところ、天の川が流れている辺りに目をやると、
大きな三角形を作っている明るい1等星が3つ、すぐに目に入ってきます。
これが「夏の大三角形」です。

夏の星座の見つけ方

※上の図は8月の夜9時ごろの夜空です。

西側にあるのが「こと座」の1等星「ベガ」、七夕の織り姫です。
天の川の東にあるのが「わし座」の1等星「アルタイル」、七夕の彦星です。
そして「ベガ」と「アルタイル」よりも北、天の川の中にあるのが、
「はくちょう座」の1等星「デネブ」です。

これらの星の位置が分かれば、
夏の星座を見つけることができます。

 

夏の星座の雑学と豆知識を紹介

 

さそり座 ・はくちょう座 ・こと座 ・わし座 ・へびつかい座 ・ヘルクレス座 ・いて座 ・いるか座

 

 

さそり座の豆知識

さそり座

・さそり座の見つけ方

南の近い低い位置に、
赤く輝くアンタレスが目印です。
アンタレスは
サソリの心臓の部分に当たります。

アンタレス以外の星も比較的明るいので、
見つけやすい星座です。

さそり座のすぐ東側にはいて座があり、
常にさそり座の心臓を矢で狙っています。

 

・さそり座の神話

神話ではオリオンを殺すために遣わされた大サソリだとされています。

詳しくは「オリオン座」をご覧ください。

さそり座にはもう一つの神話があります。

アポロンの息子パエトーンが太陽の馬車を無理矢理運転した際に、
このさそり座に馬車の馬が足を刺されそうになり、 馬は大暴れします。
そのため、天地は焼けつくされそうになり、 見かねたゼウスは馬車に雷を落とし、
パエトーンの死骸はエリダヌス川に落ちたとされています。

 

はくちょう座の豆知識

はくちょう座

・はくちょう座の見つけ方

星が十字に並ぶはくちょう座は
夏の夜を代表する星座です。
南半球で見る事ができる南十字に対して、
北十字と呼ばれています。

一等星のデネブ(Deneb)は、
ちょうどはくちょう座の尾の部分に当たります。

デネブ(Deneb)の語源は、
アラビア語のめんどりの尾という意味の言葉です。
でも、この白鳥、ギリシャ神話では
メスではありません。
大神ゼウスが変身した姿だとされています。


・はくちょう座の神話

ゼウスは白鳥に変化し、スパルタ王妃のレダに近寄ります。
そして、レダは2つの卵を産み、それがふたご座となりました。

詳しくは「ふたご座」のページをご覧ください。

 

こと座の豆知識

こと座

・こと座の見つけ方

こと座は夏の大三角の一つベガと
その近くで 平行四辺形に並ぶ星で構成されています。

しかし、ベガ以外の星は3-4等星なので、
都会では分からないかも知れません。

 

・こと座の神話

この琴はもともと発明の神ヘルメスが
波打ちぎわで拾ったカメの甲羅に糸を張って作ったものでした。
そして、その琴を音楽の神アポロンに贈り、
アポロンはこれを息子のオルフェウスにゆずり、
オルフェウスはギリシア一の竪琴の名手となったのです。

オルフェウスには美しいニンフ(妖精)のエウリディケを妻に迎えましたが、
ある日、エウリディケは野原で毒蛇に足をかまれ死んでしまいました。
オルフェウスは諦め切れずに黄泉の国におりていき、
妻エウリディケを追うのですが、
三途の川で渡し守をしているカロンに
まだ生きているオルフェウスを船に乗せる訳にはいかないと、拒まれます。

しかし、琴を奏で「今ひとたび妻を帰させたまえ」と訴えました。
その美しい音色は冥土の神ハデスの心をも動かし、
「地上に出るまで妻を振り向いてはならぬ」と約束させて、
エウリディケを返してくれました。

そしてオルフェウスはエウリディケが
後ろから付いてきているものと信じながら地上の道をたどりました。

やがてほら穴の出口にさしかかってこの世の光が見えてくると、
オルフェウスは心配のあまり、妻の方を振りかえってしまったのです。
そのとたんエウリディケはオルフェウスの名を呼びながら、
吸い込まれるようにして、あっという間に黄泉の国へ引き戻されてしまいました。
再び妻を失ったオルフェウスは絶望のあまりついに気が狂ってしまい、
ディオニュソスの祭りで琴をひけと無理強いされたのを断わったために、
琴もろともへプロス川に投げ込まれ、殺されてしまいました。

その後、大神ゼウスがその琴を拾い上げ星座にしたとされています。

 

わし座の豆知識

わし座

・わし座の見つけ方

夏の大三角の一つアルタイルによって
構成されています。

アルタイルは わし座の背中の部分に当たります。


・わし座の神話

わし座の神話に関しては諸説あります。

その内の一節は‥‥

昔、トローヤというところに、
ガニュメデスというとても美しい青年が住んでいました。
ガニュメデスは父母と牧畜などをして暮らしていました。

ゼウスはガニュメデスの美しさをとても気に入り、
ガニュメデスを手に入れるために自ら鷲に変身し地上に降りてきたのです。

白鳥に変身したり、わしに変身したり
ゼウスさんもご苦労な事です。

ガニュメデスが草原で羊の世話をしていると、
不意に空が暗くなり、雷が轟き、そして鷲に変身したゼウスが現れました。
そして、その鷲は、ガニュメデスを捕らえて飛び去って行ってしまうのでした。

ガニュメデスがみずがめ座となったとされています。

その他の説としては‥‥

この鷲は、いつもゼウスの側にいて、
ゼウスが打ち出す雷電の矢をたずさえる大きな黒鷲とも言われています。
そして、大神ゼウスの使いをしながら毎日下界を飛びまわり、
下界の色々な出来事をゼウスに伝える役目をしていたといいます。

 

へびつかい座の豆知識

へびつかい座

・へびつかい座の見つけ方

へびつかい座は非常に大きな星座です。

こと座のアルタイル(織姫)とさそり座のアンタレスを結んで、
ちょうどその中間の位置に2等星の星があります。
その星がラスアルハゲと言う星で、へびつかい座の頭の部分になります。

蛇は医術のシンボルとされていて、 へびつかい座は名医アスクレピオスが
大きな蛇を持っている姿で描かれています。

 

・へびつかい座の神話

太陽の神アポロンが嘘つきカラス(からす座)に騙され、
誤って恋人コロニスを射殺してしまいました。

その時コロニスのお腹にいた赤ん坊がアスクレピオスで、
ケンタウルス族のケイロン(いて座)に育てられ優れた医者に成長しました。

ついに死人まで甦らせるようになり、冥土の神ハデスの怒りに触れて
大神ゼウスの雷によって撃ち殺されてしまいました。

その後、父アポロンの願いによって星座になったとされています。

 

ヘルクレス座

ヘルクレス座

・ヘルクレス座の見つけ方

ディズニーのアニメ映画にもなり怪力として有名なヒーローです。
しかし、そんな華やかな印象とは正反対に、あまり明るい星が無く目立ちません。

天頂付近にあって、へびつかい座のすぐ北寄り、
へびつかい座の頭の部分に当たる星、ラスアルハゲのすぐ西に
ヘルクレス座の頭の部分に当たるラスアルゲチと言う星があります。

ヘルクレス座の腰のあたりのすぐ西には
比較的見つけやすい「かんむり座」があります。

ヘルクレス座は、右手に棍棒を持ち、
左手にはヒドラの首を持った姿で描かれています。

 

・ヘルクレス座の神話

ヘルクレスの神話はひじょうに長い話で、
ディズニーのアニメ映画にもなっているので、
ここでは、ほんの触りだけ‥‥。

大神ゼウスと王女アルクメーネの間に産まれるのですが、
ゼウスの正妻ヘラが何かと横槍を入れ、邪魔をさせられます。

そんな邪魔にもめげずに12の冒険を成し遂げて、神の一員となるのですが、
結局、非業の最期を迎える事になります。

そして、ゼウスの手により星座となったのでした。

12の冒険で戦った怪物たちの中に
化け獅子(しし座)、ヒドラ(うみへび座)、化けガニ(かに座)がありました。

ですから、ヘルクレス座が東の空から姿を現すと、
それらの怪物たちは、西の空へと逃げていくのでした。

 

 

いて座の豆知識

いて座と南斗六星

・いて座の見つけ方

いて座の目印は さそり座の東側に、
6つの星がひしゃく型に並んでいる
南斗六星です。

北の空にある北斗七星と
似たような形をしています。

いて座の他の星の並びは、
今一つよく分かりませんが、
南斗六星は比較的見つけやすいです。

南斗六星をミルクディッパーとも呼び、
天の川をすくうスプーンにも見立てられています。

 

・いて座の神話

いて座は、上半身が人間で下半身が馬。
そんな姿をしたケンタウルス族であるケイロンが弓を引く姿で描かれています。

ケンタウルス族は野蛮な種族なのですが、
ケイロンは音楽の神アポロンと月の神アルテミスから音楽・医術・予言・を学び、
洞窟に住み、ギリシャの若者たちを教育するようになります。
その内の一人がヘルクレスでした。

ある日、ケンタウルス族が酒の席でヘルクレスといざこざを起こし、
ケンタウルス族はヘラクレスに追いかけられ、ケイロンの元へと逃げ込みます。

ヘラクレスは恩師ケイロンがいるとは知らずに矢を放ち
運悪く矢はケイロンの胸に命中してしまったのです。

そしてその矢には、ヒドラの毒が塗ってありました。

ケイロンはその毒にもがき苦しみますが、
ケイロンは神の子供であり不死身でした。

しかし、ヒドラの毒はその身体から、永遠に抜ける事はありません。

つまり、死ぬことができないケイロンは永遠に苦しみから逃れられないのです。

そこで、ヘラクレスは大神ゼウスに訴え、
ケイロンに安らかな死を与えてもらい、ケイロンは星座となったのでした。

 

 

いるか座の豆知識

いるか座

・いるか座の見つけ方

イルカ座は小さな星座で、夏の大三角のすぐ東で
小さなひし形に星が並んでいます。

特徴的な形なので、比較的見つけやすいのですが、
あまり明るくない星の集まりなので、
都会では見つけるのが難しいかも知れません。

 

・いるか座の神話

コリントスの宮廷音楽だったアリオンは
ある時、シチリア島で開催されたコンサートに出場し見事優勝。
莫大な賞金を手にしました。
そして、船に乗り込み帰国の途につきます。
しかし、その船の水夫たちは、アリオンから賞金を取り上げ
海へ飛び込むように命じたのでした。
最期を覚悟したアリオンは紫と金色の衣をつけ、花輪を抱いて船縁へたち、最期の歌を唄いました。
するとその歌声に引き寄せられ、沢山のイルカが集まってきたのです。
歌い終わったアリオンは海へ身を投げたのですが、大きなイルカがアリオンを受け止め、
アリオンは無事に岬まで送り届けられコリントス王宮に帰る事ができました。
コリントス王は水夫たちを捕らえ、一件落着。

この時のイルカが星座となりました。

 

 

ここでご紹介した星座の位置関係について詳しくはこちら→ 冬の星座の見え方・動き方 夏の星座の見え方・動き方

 

春の星座についてはこちら→ 冬の星座の見え方・動き方 春の星座の豆知識

 

秋の星座についてはこちら→ 冬の星座の見え方・動き方 秋の星座の豆知識

 

冬の星座についてはこちら→ 冬の星座の見え方・動き方 冬の星座の豆知識

 

 

 

 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。
ただ、WEB上で転用される場合は、
このサイトからの転用である事を記載して、 更に、このサイトへのリンクをしてください。
どうかよろしくお願いします

 

| profire |  プライバシーポリシー | お問合せ |