紫外線対策の豆知識・雑学

HOME >> 季節、時節の豆知識 >> 紫外線対策の豆知識  

 

紫外線対策の豆知識

紫外線は皮膚がん等の原因になります。紫外線は5~9月が特に多く、冬場でも雪山などに行くと非常に多いです。
危険な紫外線から身を守る対策をご紹介します。

 

綺麗に日焼けした小麦色の肌は、 健康的で野性的な魅力を感じさせます。
でも、それは昔の話です。

紫外線は肌の老化を招き、 シミ・シワの原因にもなります。

特に昨今では、北極でもオゾンホールが確認され、 より強く紫外線が降り注ぎ、
皮膚がんのリスクも高くなる傾向です。

そんな紫外線から身を守らなくてはいけません。

 

紫外線の種類

400nmよりも短い波長の光は目で見ることができません。

その目に見えない光が紫外線で波長の違いによって、
「 A・B・C 」の3種類に分類されています。

下の表は太陽光線の種類です。

  紫外線の種類

 

紫外線は波長が短いほど人体に及ぼす危険度合いが高くなります。

ですから、紫外線C(UV-C)は、ひじょうに危険です。

紫外線C(UV-C)は人工的に作り出し、殺菌灯として使われていて、
菌を死滅させるほど強力な紫外線です。

ありがたい事に、オゾン層が紫外線C(UV-C)を吸収してくれるので
地上に降り注ぐことはありません。

ところが、最近はオゾンホールの存在が 南極だけではなく、北極でも確認されています。

‥‥‥困った問題です。 これ以上、オゾンホールが大きくならない事を祈りましょう。

 

それはさて置き、現在、地上に降り注いでいる 紫外線A(UV-A)と紫外線B(UV-B)は
それぞれ、人体にどのような影響を与えるのでしょうか?


紫外線A(UV-A)

紫外線A(UV-A)は紫外線の中では比較的安全な紫外線です。

とは言うものの、
やはり長い時間 紫外線A(UV-A)を浴び続けると良くありません。

紫外線A(UV-A)は皮膚の表面だけでなく、 奥まで浸透します。

するとコラーゲン・エラスチン線維を切断して
肌の老化を促進させ、ハリが無くなり、シワやたるみを作ります。

しかも、紫外線A(UV-A)は雨や曇りの日でも地上に届きます。

 

紫外線B(UV-B)

紫外線B(UV-B)は5月から9月に多く降り注ぎます。
下のグラフは、気象庁が発表している月別の紫外線B(UV-B)の量です。

紫外線の多い時期

 

紫外線B(UV-B)は曇りの日などは雲によって遮蔽され、
地上にはあまり降り注ぎません。

ただ、6月は雨の日が多くなるものの、
太陽の高度も高くなり、元々の紫外線B(UV-B)の量が多いので、
地上に降り注ぐ量も多いです。

ですから、梅雨の晴れ間の日差しは最悪です。

 

冬は大丈夫かというと、そうではありません。

雪山は紫外線B(UV-B)の量が多いです。
海抜が300m高くなるごとに紫外線は5%増えますし、
雪からの照り返しで、かなりの紫外線量になっています。

紫外線B(UV-B)は肌の表皮までしか届きませんが、
紫外線A(UV-A)より 100倍の有害性があると言われていています。

紫外線B(UV-B)はシミやシワなどはもちろん、
免疫力低下や白内障、皮膚がんなどを引き起こします。

 

紫外線の肌への影響

 

紫外線対策

紫外線対策には日焼け止め日焼け止め

日焼け止めは、
乳液タイプやスプレータイプなどがあります。

乳液タイプは効果の持続時間が長いので、
長時間屋外にいるときなどに、
使用するのが良いでしょう。

スプレータイプは効果の持続時間は短いのですが、
お手軽なので、ちょっとした外出や日ごろのケアに向いています。

日焼け止めは「SPF」と「PA」という形で、
日焼け止め効果のレベルが表記されています。

 

★SPFとは

日焼け止めの紫外線カットのレベルを表す数値の一つに「SPF」があります。

そのままの状態で紫外線を浴びて、
肌に赤い斑点が出るまでの時間を「1」とした場合(時間にして20分)、
その時間を何倍にできるかという数値です。

紫外線防御の尺度のSPF

SPF50であれば50倍という事です。
紫外線に弱い色白の人であれば、
できるだけ数字の大きいものを選んだ方が良いです。

SPF50が最高で、50を超える場合は「50+」と表記されます。

 

★PAとは

日焼け止めの紫外線カットのレベルを表す数値には「PA」というものもあります。

紫外線A(UV-A)によって、メラニン色素が増えるのを防ぐ効果を表しています。
紫外線A(UV-A)をカットする強さを「+」の数で表しています。
最高が「PA+++」です。

紫外線防御の尺度のPA

 

紫外線対策の帽子帽子の着用

帽子の着用は結構効果があります。
できるだけ防止のつばが大きい方が効果が高いです。

つばが7cm以上のキャップは
顔に浴びる紫外線の60%をカットします。

 

紫外線対策の服装色の濃い服を着る

色の濃い服ほど紫外線を透過しません。

服以外にも、日傘やビーチパラソルなども、
色の濃い方が紫外線の防御には効果的です。

ただ、色の濃い服は熱も吸収してしまうので、
夏場には不向きですね。

 

サングラスの選び方

サングラスによる目の紫外線対策も重要です。

夏はもちろんですが、例えばスキーなどで雪山に行って、
雪からの強い照り返しで、目が炎症を起し「雪目」になったりします。

言わば目が紫外線によって日焼けした状態です。

 

目が強い紫外線にさらされていると、しばらくの間、目が痛くなり、見えにくくなります。
重傷な場合は白内障になる可能性もあります。

 

レンズの色の濃さ

最近、よく言われているのが、 「色の濃いレンズはダメ」ということです。

それは、光をあまり透過しないレンズだと、 瞳孔が開いて、
その分、紫外線をたくさん目の中に 取り込んでしまうからです。

テレビなどでも、そのことをよく話題にしていたので、
聞いたことのある方は多いでしょう。

サングラスで紫外線対策

 

でも、そんなことは
それほど気にしなくても良いと思います。

なぜなら一般的にサングラスは
紫外線B(UV-B)を100%カットしてくれます。
紫外線A(UV-A)についても80%カットしてくれます。

ただ、サングラスの横の方からも
紫外線が入ってきますので、
大きく目の周囲をカバーできるできるレンズや
できるだけ、隙間ができないモノを選べば
充分に紫外線を防げます。

 

とは言うものの、レンズがあまり大きいのはチョッと‥‥
小さい方が好みだという人もいるでしょう。

その場合は、やはりできるだけ色の薄いレンズを選ぶのが良いです。

可視光線を50%ぐらいは透過してくれるレンズであれば、
瞳孔はあまり開きません。

 

UV400カットのレンズUV400カットのレンズ

紫外線A(UV-A)を
20%透過してしまうのが心配だという人は
UV400カットのレンズを選ぶと良いでしょう。

UV400カットのレンズは、
紫外線B(UV-B)だけではなく、
紫外線A(UV-A)も100%カットしてくれます。

UV400カットのレンズには
それが分かるように、シールやタグが付いています。

 

 

 


 

このホームページに記載してある情報は自由に使用ていただいて結構です。
ただ、WEB上で転用される場合は、
このサイトからの転用である事を記載して、 更に、このサイトへのリンクをしてください。
どうかよろしくお願いします

 

| profire |  プライバシーポリシー | お問合せ |